「優待内容を知る」

一番の関心事として優待で何が貰えるのか?です。

一番多いのは自社の製品を優待としてるケースです。実際会社で作ってる商品について株主に知ってもらいたいという所からきてるのではないでしょうか。これは自社施設の利用を優待としてる場合も同じで施設利用券、利用割引券として実施されています。

しかし業種によっては自社製品、自社施設というものがない場合もあります。こういった場合、ギフトカード、クオカード、図書カード、食品ではお米、お茶、水などといった、どこの家庭でも貰って困らないものを優待としてる企業が多いのが現状です。

2番目にどれだけの額、数量が貰えるか?です。

これは一概には言えませんが最低単位株数からみると大体1000円~3000円の範囲の商品が多いように思われます。

これはあくまで最低単位株数なのであってそれ以上の株数を所有してるのであれば当然それに比例して「額」「数量」も大きく、多くなります。

一番分かりやすい例でいうと運輸の電鉄系優待です。

9005 東京急行電鉄の場合..
3000株以上で電車優待乗車券が10枚貰えるのに対して、28000株以上を所有する株主に対しては電車優待乗車券が30枚にプラスして電車・バスの優待パスが貰えるようになります。
株数に応じて優待内容もアップしていきます。

2202 明治製菓の場合も..
1000株以上 自社商品 1500円分
3000株以上 自社商品 2000円分
5000株以上 自社商品 3000円分

株数に比例して金額も高くなってます。

だからといって多くの株を持つ必要があるか?と聞かれてもそうだとも言えません。あくまで自分の余裕資金の中でそこに将来性を感じ多く投資したいのであれ ばそれはそれで構いません。ここから先はそれぞれの投資における考え方が係わってくることですのでここまでにしておきます。

ここまでである程度の優待の知識は付いてきたのではないでしょうか?あくまで株主優待は株の値上がり益とは別のところで得しちゃおうといった感があります。