「権利確定日と最終売買日との関係」

次に一番大事な貰う為にはいつ買えばいいかです。

ここは少しややっこしいです。それは「権利確定日」までにそこの会社の株主になっておかなければなりません。その為には「最終売買日」と言われる日までに株を買わなければなりません。

そこで

「最終売買日(株を約定)=権利確定日の4営業日前」

この公式を覚えておく必要があります。

(例)2006年2月の場合

2006年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

権利確定日が20日の場合→14日が最終売買日(株を約定しなければいけない)になる。15日は権利落ち日(売っても優待は貰える)といいます。

権利確定日が28日の場合→22日が最終売買日になる。23日は権利落ち日。

(例)2006年4月の場合

2006年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

権利確定日が20日の場合→14日が最終売買日(株を約定しなければいけない)になる。17日は権利落ち日(売っても優待は貰える)といいます。

権利確定日が28日の場合→24日が最終売買日になる。25日は権利落ち日、となります。

最初は少しややこしい部分はありますがなれてくると理解は出来ると思います。