「人生を問う 独り言 2」

「不確かなもの」

形のない不確かなものを求めていた。

それを手に入れさえすれば永遠のパワーを得られると思って

しかし、それを永遠に手に入れる事は出来ない

でも、知らず知らず心は求める

無理と分かっていても求める

それが簡単に壊れてしまうものである事にも気づかずに

全ては

心の奥底で感じとるしかない

答えはそこにある

「名前を呼んだ時」

昔の友人に突然出会った

横顔ですぐ分かったのでこちらから

「~!」って

名前を呼んでみた所すぐ相手も自分の事が分かったらしく「わぁ」~!という具合に。

実はその友人に会う前日に夢で彼が出てきてたのです。

以前から会いたいと思ってましたが引越し先も分からず連絡のしようもなかったんです。かれこれ10年間くらい会う事が出来ずにいました。その驚き、嬉しさ は並大抵なものではなかったです。しかもこの少し前にも3年くらい会っていなかった人に突然、会ったり、ここ2、3日の間においても懐かしい友人、知り合 いと出会う機会に恵まれたのです。

なんだかここまでくると少し警戒してしまいます。

「何かが起きるのか?」「私に変化が?」なんていい方向に考えてますが。

普通に生活して滅多に「有り得ない事」ばかりだったので

今は付き合いがなくても出会った瞬間その瞬間でまた「友達」「知り合い」に戻れるって関係、これから先も歳を重ねる度に多くなってくとは思いますが一度途切れた「出会い」も大事にしていきたいと思ったのです。

人生でどれだけの人と心を割って付き合えるか分かりませんが、自分が相手を思いやれ、そして相手からも慕われる、そんな人間関係は大事にしていきたいと思いました。

短い人生です。どんな出会いも大事です。

多くの人に偶然出会えた事に感謝しています。感謝。

ありがとう。

「病を通して」

人間は「勉強」、「人間関係」、「会社」、「学校」など全てのものから逃げる事は可能です。

でも絶対に逃げられないものがあります。

それは

「病気」

です。

病気は自分が逃げれば逃げるほど自分を追い込んできます。

正面から向きあって対処していかなければ決して前に進むことが出来ません。

病を通して学ぶことが多くあります。

だから今の時間を噛みしめ、未来に生かしていきたいと思うのです。

「格闘」

昨日を振り返っても何も思い出せない

昨日より今日が辛いから

昨日より今日が楽しいから

昨日より今日が嬉しいから

昨日より今日が悲しいから

昨日という日があまりに辛かったから

精一杯に生きてるから

「さようなら」

あなたの顔を見るのは今日で最後

視線の交わりはもうない

皮膚の感触もあなたの体温も

耳に響くあなたの声も

全てが今という一瞬で終わってしまう

それら全てを忘れないよう

わざとあなたの視線から目をそらす

悲しみを残さないように

「不安になったら..」

少し前の話ですが

「不安」になるのは「努力をしてないから」

ずばり言われた言葉です。

確かに何もしてないと気持ちが不安定になります。

少しでも前に進んでると思ったり、努力してると感じたり、あるいは成果が出てたりするとさほど

「不安」は感じません。

「そんなの暗い性格が原因だ!」「暇だからだ」と、言ってしまえばそれまでですが、誰もが大なり小なり生活の中で様々な不安を抱えて生きてるわけで一言では解決できるものではありません。

ここで言う大きな意味での不安は「努力」で解決できます。(私の場合ですが...)

解決できなくとも縮小する事はできるのです。

そうでなければやっていけません。

迷ったら、「努力してるか?」自分に問いかけてみて下さい。

きっとやり忘れてる事があるはずです。

「言葉」

気持ちを上手に言葉にするのは苦手。

自分の考えてる事の10分の1も相手に伝わらないのが分かってるから。

昔、凄い誤解を与えてしまった言葉がある。

自分ではそんなつもりで言ったわけでないのに

相手の人生においては

私が発した言葉の真意は伝わらなかった。

後の祭り

言葉は発してしまえばそれで終わり。

「言ってしまったらおしまい」

「消す事が出来ない」

って誰かが言ってたのを時折思い出す。

私にも忘れられない言葉があって

いつまでも頭の中を横切っては惑わす。

それでも言葉の持つ力なんて真剣に考えた事はありませんが

いつでも自分らしい言葉の

「選択」と「遣い方」

をしたいと思いますし、していきたいと。

関係ないですが..

言葉遣いが綺麗な人は魅力的です♪