「投資を通した 独り言 1」

「欲望」

投資をしてると自分の気持ちとは反対のことをしてしまう事があります。

頭では駄目と思っても感情を抑えることができず行動してしまいます。

誰でも多かれ少なかれこういう事はある事だと思ってますが

自分の殻に閉じこもってる場合悩んだりします。

いいか、悪いかを識別する脳は大人なら誰でも持ってます。

でもそれを出来る人、出来ない人が居るのは確かです。

これを突き詰めていくとその先にあるのは「欲望」だと思うのです。

人間の「欲」は宇宙のように広く、どこまでも続いていきます。

欲を抑え、日々の暮らしに感謝し、質素に生きてく事で

冷静な判断力を得ることができるのではないでしょうか。

「光」

明日の光を追いかけるために

私は高い雲の上にいる

赤、青、黄色に塗りつぶされた空

真っ直ぐに伸びる光

針のように鋭く、鋭利な光の線

真理はあるのか?

答えは出てるのかもしれない

「絶対的な法則」

自分より大きなものを下から眺める

能力、力、頭脳、どれを取っても敵わない

変わる事を夢みたことはない

大きいものが絶対ではない

世界は違っても守るものは皆同じ

「幸せ」

自分のすぐそばにあると言われる。

あったとしても自分でそれに気づいていないとも

何げない事に

喜びや楽しみ、幸せを

感じとる事が出来れば

自然と幸せはそばに腰を下ろす

「土壇場での力」

悲しみに押しつぶされてしまう夜

毎晩のように流れる涙

叫んでも届かない声

もがき苦しむ

でも一筋の光は彼方に見る事が出来る

悲しみという気持ちだけでは理解できない

真実がそこにある

「心の隙間」

何か物足りないものを埋めようとしてもがく

でも満たそうとすればするほどその隙間は大きくなるばかり

欲望を抑える事ができるか

ただそれだけのような気がする

心の隙間は実は

自分の欲が出た

自業自得の産物

隙間なんてはじめから有りはしない

「自分の事」

心の奥底の自分に聞いてみる

何が欲しいのか

何に乾いてるのか

自分で自分に正面から聞く事は難しい

しかし他人には分からない自分のこと

誰も答えてはくれない

勇気を出して向き合ってみたらどうかな